忍者ブログ

いわき合同ユニオン

週末は9.23いわき集会へ!!

ー富岡への帰還強制を阻止しよう!!ー

  日時 9月23日(土・祝)午後1時

  平中央公園(いわき芸術文化会館 アリオス前)


 
 

 今、福島で起きていること

 JR東日本は10月21日に現在の竜田駅から富岡町に常磐線を延伸しようとしています。
それは高線量地帯に電車を走らせて、鉄道労働者と乗客に被ばくを強制するものです。

 今年の4月1日に富岡町の避難指示が解除されました。それでも住民は2.3%しか戻って
いないため、JR東日本は実際は被爆の危険がある地域なのに、安全だから帰ってもいいと住民を被ばくさせることに協力しています。その富岡駅は原発からわずか10km足らずで、駅周辺の住宅地の線量は富岡町民会館前で0.407μSvで年間 2.1mSvです。原発推進の原子力規制委員会の出す数値でも、年間1mSvを超えているため、実際の線量はより高いことが予想されます。

 しかも、どこにホットスポットがあるか目に見えないため被ばくの危険はより高まります。避難指示の解除の1年後には避難の補償金が打ち切られるため、経済的な困窮か高線量地帯に戻らざるをえない住民が今後増えていくでしょう。
  

集会の主旨

  JRの労働者でつくる動労水戸という労働組合は、これまでに常磐線が原発に向かって運行再開する度にストライキで何回も闘ってきました。乗客の安全を守るという鉄道労働者としての誇りにかけて、乗客を被ばくさせることに対して反対することが1つ。そして、もう一つは自分たちの労働が、被ばく地域に住民を帰すことと原発の再稼働に加担することが許せないことが2つ目の理由です。自分たちの労働の結果にまで責任を負うことが、今の社会を変えることにつながるのです。

 Q&Aコーナー
Q1 交通網は地域の再生に必要では?

A1 いいえ。確実に放射線の被ばくの危険がある地域に電車を通すことは何があっても許されません。
 万が一、事故で電車が止まって、住民が外で長時間待機することになれば、高線量地帯での
 被ばくすることになります。負傷者が多数出て緊急搬送するにしても福島市やいわき市まで
 行かないと対応できる病院がないため助かる命も助からなくなります。
  実際に常磐道で起きたバス事故では、そうした事態が現実に起きています。そんな地域は
 再生させることに対しても反対しなければいけません。

Q2 自分は富岡の住民ではないし、電車には乗らないから大丈夫では?

A2 いいえ。避難指示の解除の前には多数の業種の労働者が富岡町での仕事に従事させられて
きました。まず、建設業なら除染、家屋解体。次に電気、ガス、水道などのインフラ労働者。
そして、宅配便、ガソリンスタンド、銀行、新聞配達などのサービス業の労働者です。
 町を復興させるには、あらゆる職種の労働者の動員が必要です。
だから、いつあなたも会社から高線量地帯で働けと業務命令が来るかわからない状況です。
 それらの被曝労働に対して、動労水戸の闘いを他業種に拡大させるために集会に参加していただきたいです。

Q3 仕事も忙しいし、気持ちの余裕も無いのに集会に参加する必要はありますか?

A3 はい。現在、多くの労働者は低賃金長時間労働で身も心もボロボロになっています。
それに対して少しでも文句を言ったり、能力不足で労働者は簡単に解雇されます。
 その状況と闘うには労働者が、組合を作って集団で会社側と闘う必要があります。それが労働組合です。労働運動を再生させるためにも、この集会を皆さんの参加で盛り上げて頂きたいです。

 30年前に国鉄がJRになる過程で労働運動全体が大きく衰退しました。その結果、組合が無い職場や、あっても正社員しか入れない組合が増えました。
 職場の組合に相談しても「辛いのはあなただけじゃない。全体のための賃上げやボーナスアップしかやらない」と取り合わないことってありませんか?そんな 腐った組合幹部を倒す ため、
闘ういわき合同ユニオンに結集しよう!!
 いわき合同ユニオンでは日々の職場で辛いこと、おかしいと思っていることを正直に話せる場所があります。それは決して恥ずかしいことや後ろめたいことではありません。あなたの上げた声を「勇気ある決起」と捉えてとことん議論を尽くして最後まで闘います。
 普通に働く労働者にこそ、この時代を変える展望があるのです!!!



 
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
いわき合同ユニオン
年齢:
4
性別:
非公開
誕生日:
2013/02/26
自己紹介:
いわき市の合同労組です。職種・勤務形態問わず、労働者が個人から加盟し、あらゆる職場での組合結成を目指す労働組合です。
職場の悩みや労働相談等、お気軽にお寄せください。闘う労働組合を一緒に作りましょう!

いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル
電話:0246-38-7840
メール:iwakigodo☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてご送信ください)

カテゴリー

P R